15 秒で Agree/Disagree

帯広(地方)より六本木(都会)暮らしのほうがいい。Agree? Disagree?
15 秒間で自分の答えを決めて、60 秒で理由をまとめてーーー

 

(「ここ撮影するとこですよー!」と安河内哲也先生)

 

E-CAT 主催「英会話スピーキングセミナー」に参加しました。

テンポのいい展開。ユーモアを随所に織り込み参加者を緊張させない。周囲の音にかき消されるから話すときには自ずと大きな声で、はっきり話さずを得ないという状況作り。ハッキリした区切り。会場の前から後ろまで、右から左までに視線を配る。そして、質疑応答を含めてキッチリ時間内で授業終了のチャイム。

カリスマ講師の授業とはこういったものなのか、と圧倒された密度の濃い90分間でした。

 

パートナーを組み、実際に口に出すアクティビティがなかなか多かったですね。でも、100%英語でなくてもいいよ、日本語混じりの英語でもいいし、日本語オンリーでもいいよ(ただしその場合は外国人の日本語風に、というのには笑いましたね)というのは、初級者の方はホッとされたのでは。

 

英語を話すときに知っておくべき大切なこと、たくさん得られましたね。相手の目を見る、スマイル、ARE(Assertion, Reason, Evidence)。英検の二次試験等でも非常に役に立つ tips です。そして、①自信を持って、②大きな声で、③英語を話すことを楽しむ! いちばん大切でいちばんシンプルで、だけど忘れてしまいがちなこと。忘れないよう、胸に留めておきたいですね。

 

(A館203の壁に安河内先生のサインが加わりました)

 

さて、その「E-CAT」。みなさん、ウェブサイトご覧になりましたか?
実際に受験するには受験地まで赴くか、インターネット環境+カメラとマイクが必要だそうですが、ひとまずこちらのサイトの動画を見ればどんなテストなのかを自分だけで体験することができました。今回のセミナーに参加したみなさんは、すでにコツを掴んでいるのでは。ちょっと覗いてみてはいかがですか? 自分で自分のことを語るトレーニングになりますよ。日頃からさまざまなことに対して「Agree/Disagree」自分の意見を(日本語で、でも)考えておくのも大事だなと感じました。

それにしても、先日の大杉正明先生といい、今回の安河内哲也先生といい、一流のスピーカーの方のお話というのは、本当に聞いてみて損はないです。お話の内容のみならず、その、溢れるパワーというのでしょうか。エネルギーの照射。浴びる機会は、見逃したくないものです。さて、次はしばらく開きます。と、その前に。今週は Chat Time、アメリカから来ているメアリーアンと話して彼女の元気を浴びに来てください〜♪

 

 



by Shinobu / 2017-06-27 9:33 PM / Secretaryのオマケ箱

入会金は一度だけ

約ひと月前のこと。ジョイ40周年記念パーティーで私は受付をしていました。その日はお日柄が良く、同じフロアでは結婚式が行われていました。おしゃれをした男女がジョイの受付の前を通過していきます。

パーティーが始まり、他の受付スタッフは会場内へ。私はそこに残り、引き出物の準備に取り掛かりました。

 

ほどなくして、引き出物を手にした参列者たちが続々と結婚式場から出てきました。

すると、スーツ姿の一人の男性が立て看板に目をやり、それからおもむろにこちらへ向かって歩いてらっしゃいました。

 

「ジョイって、英語学校のジョイですか?」と彼。「はい」と私。そこにあった “おかげさまで40祭” のチラシをお渡しし、宣伝しました。すると、なんと!

 

(右側の方はTさんとは別の方です)

 

「僕、10年くらい前に浦島先生と原田先生に習ってたんです」

 

彼、Tさんは元ジョイ生徒だったのです! 見た目から察するに、当時は彼は高校生だったと思われます。こんなふうに、ジョイを離れた場所で元生徒の方に声を掛けていただけるのは、非常にうれしいことです。

 

入会時や休・退会時ご本人に直接お知らせしているのですが、ジョイは入会金はお一人一生1回きりです。5年空こうが10年空こうが、復活時に「以前にも通っていました」とカウンターで言っていただければ、入会金を再度ちょうだいすることはありません(初回の入会時に免除になっていた場合は、最入会時にお支払いいただくことになります)。

なので、例えば小学生や中学生の頃ジョイに通っていた方が、大人になって「また英語やろうかな〜…」と考えたとき、「そうだ、ジョイに行こう!」と言って帰ってきてくれると、ジョイは大歓迎なのです。

 

英語を勉強するって、生涯学習のひとつでもあると思うんですよ。

ライフステージや拠点の変化に伴い、学習の場や方法も変えざるを得ない場合も多々あるでしょう。それでも、みなさんにとってジョイはいつでも帰れる場所であり続けたい、そう思います。かつて教わった講師がいなくても、親しかったスタッフがいなくてもいいじゃないですか。ジョイがある限り、戻ってきてくださいよ。そして当時の思い出を聞かせてください。クラス受講でなくてもイベントでも大歓迎です。私たちは待っていますよ。

 

 

ーーTさんも、お待ちしています(笑)。

by Shinobu / 2016-12-07 7:12 PM / Secretaryのオマケ箱

Thanks from Secretary

そして、英語はあなたを変える』の125ページを開いてください。その5行目…そう書いてもらっては、きもの着んわけにはいかんやろ、ということで、この日きもので受付に立ったというわけでした。

 

(ジョイ生徒のYさんと、かい枝さんの落語について話していました。右はサプライズ登壇してくださったハーモニカプレイヤーの千葉智寿さん。撮影:岩崎量示さん)


すると、まったく想像しなかったことが起こりました。とても多くの方に、お褒めの言葉をかけていただいたのです! ジョイの生徒さんだけではありません。この日初めてお目にかかった方にも。とってもうれしかったです、私。どうもありがとうございました!

その後ある方と、こんな話をしました。「きものと英語は同じ」。どんな話かというとーー…

 

きものの良いことは…

自分が着たときは、きもの姿の私を見た周りの人がうれしそうな顔をしてくれること。
人に着せたときは、その方の周りの方と、ご本人がうれしそうな顔をしてくれること。

…なんですよね。着るものひとつ、いつもと変えて(手をかけて)みただけで人を喜ばせることができるのか。と知り、私自身、驚きつつも小さな感動を覚えます。だからまた、きものを着て出掛けようかな、という気分になれます。

 

はじめは上手くいかなかったり失敗したことも。でも好きで、良い師に出会って指導を受けられたし、同期生たちにも恵まれたから、続けることができました。

そう。英語と同じなんです。

実は、着付け教室に通い始めたのと英会話を習い始めた(ジョイの生徒になった)のは、ほぼ同じ時期なんです。どちらもクラスメイトと先生が良かったから続けるのが苦じゃなかった、さらには、それが「好き」という気持ちが強かったのと、「これを得た先にどうしたいか・どうなりたいか」つまり、

 

英語が話せるようになったら、こうしたい。

きものが自分で着られるようになったら、こうしたい。

 

そんな淡い夢や期待、わくわく、ドキドキ感が常にあったように思います。だからどちらも諦めることなく自分が「あ、ここまで来たな」と納得できるところまで達することができたんだろうと思います。

私のきもの姿を褒めてくださった方は恐らく、きものに興味がおありの方が多いのではないでしょうか。何よりも、「好き」という気持ち、「着たい」という気持ちがあって、さらにそこに良き仲間、良き師との出会いがあれば、きっときものと仲良しになれるはずです。大切なのは、焦らず、マイペースで、続けることです!

 

ちなみに久しぶりに袖を通したこの小紋は、着付け教室に通い始めて最初に自分で購入した一枚です。かい枝さんにもお褒めの言葉をかけていただいて、とってもハッピーでしたiconset

 

冒頭の『そして〜』の話に戻ります。実をいうと、きものでお出迎えしたのは2015年の「ジョイ寄席」で浴衣を着たのが初めてなんですよ。でも、これは今後、私の年中行事としたいと思います!

by Shinobu / 2016-11-10 6:12 PM / Secretaryのオマケ箱

今週のカウンターでのあれこれ

 

ジョイでは年に3回、実用英語技能検定〜通称「英検」〜を受験することができます(準1級と1級を除く)。社会人の生徒も、知識の定着を主な目的として受験する方が毎回数名いらっしゃいます。

今週、ステップ2のKさんが準2級を申し込んでいきました。そのときの会話…

 

K「問題の中の英語って本当にネイティブの人、使ってんのかな〜?って疑問なんスよ」

私「準2級はゴメン正直わからないけど、2級は “YES” だったよ」

 

この回答ではKさんの答えになっていないので、そのあと問題集を見てみました。すると…! Kさん、使っていますよ!(全部が全部そうか、となるとコーパスで調べてみなければいけないでしょうが)少なくとも、ジョイで働き始めてネイティブとともに長時間過ごす中で英語力を伸ばすことができた私の経験からは断言できます。

 

語学を身につけるには、その言語の話されている “場所” に身を置くことだーーとは今はもう言い切れないのでは、と思います。趣味として語学を学ぶ大人も多いでしょうし、みんながみんな国外で長期間過ごすことなんて無理な話で。

 

それなら日本国内にいてどうやって英語を身につけられるんだ、と。私のケースは元ジョイ副学院長のデイビッド曰く、とても理想的な英語力の身につけ方だと言いますが、そんな環境ではない方の場合ーーそのひとつが、英検や、TOEIC等の英語の試験に挑戦することではないかと思うんです。

繰り返し繰り返し問題を解くことで、単語やイディオムが「顔見知り」な存在になっていきます=インプット。でも、顔見知りでいるだけではダメで、親しくならなきゃいけない。それが、口に出すことだったり、作文してみること=アウトプット。口に出すのは英会話のクラス内だけじゃなく、部屋や車内や、周りに人がいないときに。作文は、SNSや自分の手帳や日記帳に。それを積み重ねていると、あるとき、『This is the one I’ve been longing for!』(この表現を探してたの!)という出会いが訪れます。そしたらすかさずそれをメモ。写メだけではダメです。自分の手で書いてみること。できれば声に出して。そのメモが自分だけのオリジナル辞書になり、自分の表現が増えていくんです。

 

あとは、実際に英会話シチュエーションで口に出してみる度胸・勇気の問題ですね。昨夜ステップ4のMさんは話してくれました。「海外旅行に行ったけど、思ったほど英語が出てこなかった」と。それは、Mさんが中級から上級への過渡期にあるからだ、と私は思います。なぜかというと、そのくらい(ジョイでいうところのステップ4以上)になると、英語を話していてもその人本来の母国語のクセが如実に現れてくるからです。これは本当に面白いもので、ジョイの日本人講師たちの英語の話し方を見ていても分かります。

なので、Mさん自身が日本語でも “わーっ” と話すタイプの方ではなく、人の話をよく聞いて、ポソッと言葉を発するタイプの穏やかな方なのでそうだったのだと思います。

 

 

松本先生のセミナー以降は「What’s your dream?」をテーマに生徒さんたちと会話をしていましたが、最近は英検の申し込み期間だったり学期末であることから、その人その人と英語との関わり方を聞かせてもらうことが多い、B館カウンターです。さて、今夜は誰とどんな話ができるかな…?

 

英検申し込みは、本日締め切りです! 受験料を持参してA・B各館カウンターまで。

by Shinobu / 2016-09-14 6:22 PM / Secretaryのオマケ箱

思いがけないうれしい話

40周年記念イベント第8弾「ジョイおかげさまで40祭」の生徒先行予約が始まりました。申し込みのためカウンターにやってきたEさんの話に驚き、とってもうれしくなってしまいました。

 

 

ジョイに通い始めて2年が経ったEさんは、ご主人(今年からジョイ生徒に!)と一緒に「ジョイ寄席」に来てくれたことがあります。すごく面白かった、と道外にお住まいのご両親に話してくれていたそうで、なんと「40祭」にそのご両親が来てくださると言うんです。しかも、お母さんは遠山顕先生のラジオ番組を聞いて英語を勉強している、とも…!

 

浦島学院長も、この話に驚き、喜んでいました。さらには、こんな話も。

第一部「英会話レジェンド・トーク」は、ジョイ20周年記念時に行ったシンポジウムと同じ顔ぶれなのです。20年前に集った3名の先生たちと浦島学院長が、20年後に再結集するという、 ものすごいイベントなのです。この話を聞いた生徒のKさん、「たぶん私、20年前参加してると思う」と…! その場で今回もお申し込みいただきました。

 

 

他にもこういったエピソードのある方、ぜひお知らせください! 裏方冥利に尽きます。うれしいです、ありがとうございます!

また、ジョイの生徒ではないみなさんの申込解禁日までに定員に達するということはありませんので、ご安心ください。9月1日(木)には、電話とメールで申し込みをお待ちしています。

by Shinobu / 2016-07-29 5:15 PM / Secretaryのオマケ箱

ただいまバッキーホールでは…

 

Adam’s Travel Englishの、ステップ1とステップ2対象の学期末特別レッスンの最中です。日本のファストフード店で注文するときの単語のなかに、英語圏では通じないものもあることを学びました。その後、グループごとに予算内で実際に注文してみるべく、客役と店員役を交替しながら、お決まりセリフを使ってロールプレイ。

 

Adamは普段ステップ1は教えていないため、彼のクラスを初めて受けるからか、すこし緊張の面持ちだった参加者たちも次第に緊張が融けて笑い声も出てきました。こういう、即戦力になりそうなレッスンもたまには良いですね。来てくれたみなさん、今日覚えたことをぜひ、いつか使ってみてくださいね!

 

さて、明日は7時30分から「English Table」。いまのところスタッフを除き10名超の参加者が集まりそうです。あさっては「即速英作文」。7時は満席ですが、8時30分の部にはまだ若干空席があります。秋学期の振替でも出席できます。ご希望の方、ジョイまでお電話ください!

(学期末イベント詳細はこちら

 

あぁ…このレッスン、聞いているとお腹が空いてきてしまいました。帰り…マク●ナルド……寄ってしまいそう…。

by Shinobu / 2016-03-29 9:38 PM / Secretaryのオマケ箱

夢の英語学校は、夢のようでした

一昨日、日曜の「夢の英語学校」へ来校してくださったみなさん、どうもありがとうございました! 定員の120名をすこしだけ上回る、とてもたくさんの方にご参加いただきました。

この夢の英語学校の良いところは、素晴らしい講師陣の授業が受けられることもそうですが、ものすごく多くの、「英語」という優しくないモノ、自分を悩ませるいまいましい、だけど嫌いになれないモノ、好きで好きで仕方ないモノ、そんな共通点を持つ人々が一同に介すことだと、いちスタッフの立場から見ていると思うんです。 緊張した面持ちで受付を通過していった方が、帰るときにはここで知り合った同志と笑い合いながら去っていく。その姿を、本当にうれしく眺めています。

 

すでにいくつもの感想が、学院長ブログに寄せられています。ジョイの生徒さんからも直接伺っています。よかったらぜひ、学院長ブログの記事にコメントをお寄せください。講師の方々にもお届けします。聞かせていただいたみなさんの声が、今後のジョイのイベントをより良いものにするのです! かつて大杉正明先生がジョイのイベントの講師を務めてくださったあと、こうおっしゃいました。「良い講演は講師がつくるものではなくて、観衆がつくるもの」と。ジョイのイベントも、講師の先生方や私たちスタッフだけでなく、参加してくださるみなさんの声や熱意によって、つくられていくのです。

 

また来年、この夢の英語学校でお会いしましょう!

 

 

…と言いたいところですが、実は、来年は…… え? なんですか浦島先生。あ! まだ秘密でしたか! 危ない! うっかり言ってしまうところでした。

とにかく、また、今後の夢の英語学校でみなさんとお会いできることをスタッフ一同楽しみにしています。

 

 

*Sally先生の資料が入手できませんでした…Gee! それにしても今年は今までに増してどれも面白そうな授業でした!! 私は、ものすごく、参加者のみなさんが羨ましいんですよー。一度でいいから生徒として参加してみたい。これが私のささやかな夢です。

by Shinobu / 2015-10-27 9:41 PM / Secretaryのオマケ箱

What’s your goal?

新学期2週目になりました。春学期から秋学期への切り替わりは、だいたいみなさん同じ曜日・同じ時間を選ぶ方が多いので目新しいことはさほどないかもしれません。そんな中で、何かひとつ自分にゴールを設定してみてはどうでしょう。

 

7月にバッキーホールで開催した、鎌田武雄先生によるセミナー「英語でガンバレ! 日本人」に私も鼓舞された一人です。目標を定めて、それに向け短期間に集中して取り組む。結局は自分との戦い、自制心のコントロールなのかな…と私自身感じるところではありますが、久々に喝を入れられた、そんな気がしました。鎌田先生に感謝です。

 

のんびりと英語に取り組んできた私ですが、キッカケは何だったかといえば先に英語を学んでいる人が身近に居、楽しそうだったから後を追ってきたのでした。そこでクラスメイトと講師に恵まれ、英語をモノにしていくのが面白くなっていったから続けられました。

皆勤賞の常連ではありませんでしたが、来年にはひとつ上のレベルに上がろう、クラス内では英語だけで通そう、先生にちょっと突っ込むのも英語で何ていうか調べてみよう、習ったフレーズを使ってみよう等、振り返ってみると自分なりに小さな目標は定めていたようです。

 

今回、春学期皆勤賞を発表しました。これを目標にしても良いと思います。毎週必ず復習をする、でも良いし、ジョイに行く前テキストをざっと音読しておく、というのも良いと思います。ジョイの建物に一歩足を踏み入れたらできる限り英語で通してみる、というのも尚良し。喜んで私も付き合います。

 

 

「何のために?」

 

そういう目標を立てるのは、何のため? 特に初級・中級のみなさんに問いたいです。私も初心者時代を経て今があるので。私は、英語が話せるように/英語を話す人と親しくなりたいから、英語を頑張りました。

イメージしましょう。その目標を達成した自分を。その先の、英語をかなり自在に操ることができている自分を。英語を通して他国人と楽しい時間を共有できている自分を。

そのイメージを胸に、小さな目標をひとつ、またひとつ、クリアしていきましょう。疲れたら何度でも休んでいいんです。すこし気持ちが上向いたら、体調が整えば再開すればいいんです。JOYは常にここにあります。それぞれに目標や夢を抱いた仲間のいるJOYに、みなさん集まってきてください。私たちスタッフがみなさんにとことんお付き合いします。

by Shinobu / 2015-10-14 3:30 PM / Secretaryのオマケ箱

“Two heads are better than one.”

「三人寄れば文殊の知恵」

これはある日の学院長のオフィスを隠し撮り(?)したもの。さて、4つの頭を突き合わせて一体なにをしていると思いますか? ことわざでは三人のところ、JOYでは四人。ということは、文殊菩薩より優れた知恵が浮かぶかも…!?

 

タイトルは、このことわざの英語版。これは私の愛用辞書「アドバンスト フェイバリット和英辞典」で調べました。この辞典、使えます! 和英辞典をお探しの方、ぜひおすすめです。この辞典の編集委員のお一人である、阿部一先生を講師にお迎えする「第10回 文法の日」は今月末、31日です! 初級者から上級者まで年に一度は文法を見直し、自身の英語に栄養を与えてみませんか?

 

「文法の日」セミナーについて、詳しくはこちらをご覧ください。

by Shinobu / 2015-05-11 3:35 PM / Secretaryのオマケ箱

今日から新学期!

 

ジョイ39回目の春です。

新入生のみなさん、Nice to meet you! Let’s enJOY English at JOY.

継続のみなさん、これからもどうぞよろしくお願いします。Please keep finding JOY at JOY!

 

さて、みなさん。英語をやる上で何か、この一年の目標など立ててみてはいかがでしょう。例えば「はきはき話す」など。せっかく英語を口から発しているのに声が小さいために何を言っているのか相手に伝わらないケースが、どのレベルの方にも共通してよく見受けられます。これ、非常に残念。質問の答えが正しかろうが間違っていようが、まずは「相手の耳に届かせる」ことがいちばんだと思います。間違ってたっていいじゃないですか。クラスは、試してみる場です。

勇気を出して

大きな声ではっきりと

相手の目を見て

大いに発言してみてください。きっと何かが変わってきます。一人が変われば周りも変わり、クラスの雰囲気が良くなれば英語をやることがもっと楽しくなってきます! 経験者の私が言うので間違いありません!

 

写真は、生徒のKさんにいただいた、八丈島からやってきたフリージア。この二週間ずっと、とても良い香りに包まれてハッピーなB館でした。

by Shinobu / 2015-04-06 4:14 PM / Secretaryのオマケ箱

社会人コース

アーカイブ

検索

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2017 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.