はるにれの木

学院長挨拶

大学卒業と同時に入社した松下電器産業(現パナソニック)をわずか1年半で辞め、「不安」と「希望」を両方のポケットに入れ北海道・帯広市に戻って来たのは1976年12月のことでした。生涯の夢を託したその日の北の大地は、私を出迎えるように、雪で真っ白。飛行機の窓からそんな光景を見て、体のいたるところが震えたことを今でも鮮明に覚えています。24歳、人生の再スタートでした。

翌年4月、「英語学習は喜び」をコンセプトに、英語教室「イングリッシュハウス・ジョイ」を帯広の現在地に開校。スタッフは私ひとり。84名の小中学生との初々しい船出となりました。その後、高校生コース・社会人コース・児童コース・個別コースを開設し、帯広の民間の英語学校として初めて外国人講師を専任で迎え、社会人専用の校舎も新築。そして2002年4月に学校名を現在の「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」に改名。2016年には、開校40周年を迎えることができました。

この間、北海道の英語の祭典に発展した「オール・イングリッシュ・デイ」、北海道初の英文雑誌「ノーザン・ライツ」の発行、アメリカのサンディエゴ州立大学との共催による「サンディエゴ州立大学TEFLサティフィケート・プログラム」の開催などを通じて、地域の英語教育の発展に少なからず寄与することができたと自負しています。そして、現在最も力を入れているのが毎年10月に開かれる「夢の英語学校」です。

ジョイが目指すのは「地域に根ざした英語教育」の実践です。4歳からシニアまでの英語教育を通じて、それぞれの夢を実現させるためのお手伝いと、帯広・十勝の国際化に貢献できれば幸いです。

ジョイ・イングリッシュ・アカデミー 学院長

浦島 久

ジョイの英会話教室風景
十勝、帯広の地で
楽しい英語をレッスン

浦島久(うらしま・ひさし)

1952年豊頃町生まれ。

小樽商科大学(経営学)、帯広畜産大学修士課程(農業経済)を修了。

大学卒業後に松下電器産業株式会社(現社名:パナソニック株式会社)へ入社するが、1977年に北海道へUターンし、帯広市にて英会話学校「イングリッシュハウス・ジョイ」を設立。

現在は、ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長、小樽商科大学特認教授。

著書として、ベストセラーになった『1分間英語で自分のことを話してみる』(KADOKAWA)など31冊がある。

うち7冊は韓国、1冊は台湾で翻訳出版されている。

趣味は、写真(十勝の風景写真を中心に)、音楽(ジャズ、ヒーリング系の音楽が好き)、旅行(これまで旅した国は19ヶ国)、カーリング(世界シニアカーリング選手権2009、2010、2013、2014年に出場)。

ブログ「浦島久の玉手箱

JOY学院長、浦島 久

JOYについて

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2017 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.