9/27 JECに国際的写真家が登場!

後半のゲストとして、オーストラリアをはじめ国際的に活躍する写真家の相原正明さんがJECに登場します。ジョイでの英語でのトークは2回目。ユーモアいっぱいの楽しい時間になること間違いなしです。 前半は通常通りアウトプット主体のアクティビティを行います。浦島久

 

 

日時:2019年9月27日(金)7:00-9:00PM(6:30PM開場)、交流会 9:00-9:45PM

会場:B館一階バッキーホール

ゲスト:相原正明さん(写真家)

JEC 参加費:1,000円

・ジョイ・クーポン使用不可

・社会人各コース・英語音読コースの振替で参加する場合は無料ですが差額は返金しません

交流会参加費:500円(ソフトドリンクとスナック付)

・ジョイ・クーポン使用可

・クラスの振替にはなりません

・JEC 参加者で希望者のみ(交流会のみの参加はできません)

申込締切:メール・Faxは当日 6:00PM。電話は当日 6:30PM

 

*申込方法や参加資格等、詳細はJEC専用ページをご覧ください

 

 

ゲスト紹介:相原正明(あいはら・まさあき)

1958年東京都出身。日本大学法学部新聞学科卒業。高校時代よりドキュメンタリー、スポーツ、鉄道などを撮影。このころよりひたすら北海道の大地をフィールドとして撮影。大学時代(1979年)北海道をより深く知るために道内を自転車で周る。現在の基礎体力はこの時培われた。あまりの強脚ぶりに日大自転車部から競輪選手にスカウトされたが「ツールドフランスなら出る」と辞退。それよりも写真の道に進みたいという意志は固かった。

 

広告代理店勤務を経て1988年、バイクで単独オーストラリア縦断撮影ツーリングへ。かの地とランドスケープフォトの虜となる。以後オーストラリアを中心に「地球のポートレイト」をコンセンプトとし、撮影時はホテル等は使わず必ず撮影場所で野営し、大陸と一体になることを心がけている。 2004年、日本人で初めてオーストラリア最大のギャラリー「Wilderness Gallery」にて個展を開催。以降アメリカ、韓国にて、またドイツ・フォトキナでは富士フィルムメインステージにて個展開催。2008年には世界のトップ写真家17名を集めた「Adobe Lightroom Adventure」に日本・オーストラリア代表として参加。2013年、シベリアの永久凍土から発見されたマンモスの子供 Yuka を世界で唯一のオフィシャルフォトグラファーとして、読売新聞社からの依頼によりシベリアの大地で撮影。今年6月にはオーストラリア撮影30周年記念写真展「Earthrait」を LUMIX GINZA TOKYO のこけら落としとして開催。近年はランドスケープのみならず落語をはじめとした日本の伝統芸能も撮影している。 撮影のジャンルは餃子からマンモスまで、この世のすべて。

 

パブリックコレクションとして、オーストラリア大使館(東京・ソウル)、デンマーク王室に作品が収蔵されている。フレンドオブタスマニア(タスマニア州観光親善大使)の称号を持つ。 写真集は「小さないのち」(小学館)、「ランドスケープフォトの極意」「夜鉄」(玄光社)、「しずくの国」(エシエルアン)、「Earthrait」(アイ・イメージング・フラッグ)他多数。現在のおもなクライアント並びにスポンサーは、富士フイルム、パナソニック、ニコン、カールツァイス、カンタス航空、オーストラリア大使館、大成建設、JCB、セコムなど有名企業多数。

イベント情報

アーカイブ

検索

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~12:00、
14:00~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2019 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.