No, I’m afraid not. 残念だけど。

 相手の意に反することや、言いにくいことをあえて言わなければならないときに使うフレーズです。ただNoと言うと、相手に対しての配慮がなさすぎます。同じ断りでも、Sorry, no.など、思いやりを込めた一言を加えてやるのが常識です。
<SKIT>
A:Do you have any spare change?
B:No, I’m afraid not. Sorry. 
  A:小銭を持っていますか?
  B:いや、残念ながら。ごめん。
『英会話お決まり表現160』
(マクミラン・ランゲージハウス 浦島久、クライド・ダブンポート共著)より

by Shinobu / 2005-08-22 3:41 PM / イベント情報

社会人コース

アーカイブ

検索

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~12:00、
14:00~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2022 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.