Misery loves company. 人は悲惨な状況になると仲間が欲しくなる。

 この場合の company は「仲間、友人」と考えられる。不平や不満をよく言う人に対して使われる。時として、「こういった人たちが馬が合う」という意味で使われることもある。
<SKIT> 二郎について二人が話しています・・・・
A:I’m getting a little tired of Jiro.
B:Why’s that?
A:Well, all he can talk about is his family problems.
B:Misery loves company.
A:二郎には少々うんざりしてきたよ。
B:どうして?
A:実は、話すことといえば、家族の問題ばかりなんだ。
B:悲惨な状況にあると仲間が欲しくなるものさ。

by Shinobu / 2009-11-02 10:11 PM / 英語の定番表現

社会人コース

アーカイブ

検索

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2017 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.