What’s that? それで何?

 相手の話の内容をうけて、「その話の中心となっているのは何? 早く教えてよ」と、話の先を促すフレーズです。話題の中心がまだ明らかになっていないので、thisではなく、that を使用している所に注目してください。他には、Which is? / Namely? / Tell me. などがあります。
<SKIT>
A: There’s something I forgot to mention.
B: What’s that?
A: You have to bring your own lunch.
  A: 言い忘れてたことがあるの。
  B: それで何?
  A: 自分の昼ご飯をもって来てね。
『英会話お決まり表現160』
(マクミラン・ランゲージハウス 浦島久、クライド・ダブンポート共著)より

by Shinobu / 2007-04-27 10:33 PM / 英語の定番表現

社会人コース

アーカイブ

検索

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2017 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.