Any place is fine. どこでもいいよ。

自分では決められないので、相手にまかせて場所を決めてもらうときのフレーズです。place を where に変えて、Anywhere is fine. と言うこともできますし、「君が好きにしてもいいよ」という意味の Wherever you like. も使えます。

 

<SKIT>

A:Where should we spend the night?

B:Any place is fine.

A:フランス料理を食べに行きましょうよ。

B:夜はどこに泊まろうかしら?

A:どこでもいいよ。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-08-23 3:09 PM / 英語の定番表現

My treat. おごるよ。

レストランなどの勘定を「自分が支払う」と言うときのフレーズです。上のフレーズは名詞で使っていますが、I will treat you. と、動詞で使うこともできます。ほかには、I’ll pay. / It’s on me. も一般的です。

 

<SKIT>

A:Let’s have French food.

B:But French food is too expensive.

A:Don’t worry. It’s my treat.

A:フランス料理を食べに行きましょうよ。

B:でも、フランス料理は高すぎるな。

A:心配しないで。おごるから。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-08-02 4:00 PM / 英語の定番表現

I’ll work on it. やってみるよ。

work on… には「〜に取り組む」という意味があります。「なんとかがんばってみるから、まかせてほしい」という気持ちがこめられたフレーズです。ほかには、I’ll try. / I’ll think of some way. などがあります。

 

<SKIT>

A:Do you think you can get him to agree?

B:I’ll work on it.

A:あなた、彼を同意させることができると思う?

B:やってみるよ。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-07-12 4:13 PM / 英語の定番表現

Let me give you some advise. アドバイスさせてもらえるかな。

相手に助言をするときの一般的なフレーズです。助言をするときに高飛車に出ると失礼になるので、I think I can help you. / I know what you’re doing wrong. / I know a better way. などと、遠回しに手伝いを申し出ることもできます。

 

<SKIT>

A:Having problems again? Let give you some advice.

B:OK. What should I do?

A:またトラブルなのね? アドバイスさせてもらえるかしら。

B:うん。どうすればいいんだい?

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-06-01 2:42 PM / 英語の定番表現

That goes without saying. 言われるまでもない。

相手から何かを指摘され、「自分でもよくわかっているよ」と言いたいときのひとことです。口調によっては、「わかっているからもう放っておいてくれ」のニュアンスを伝えることもできます。似たフレーズとしては、Of course. / Naturally. / I know. などがあります。

 

<SKIT>

A:We have to be careful not to spend too much money.

B:That goes without saying.

A:お金を使い過ぎないように、気をつけなきゃね。

B:言われるまでもないよ。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-04-26 3:29 PM / 英語の定番表現

I can’t wait. 待ち遠しい。

直訳すると「もう待てない」ですが、「もう待つことができないくらい、わくわくして待ち遠しい」という気持ちがこのフレーズに込められています。丁寧に言うと、I’m looking forward to it. / I’m really excited. になります。

 

<SKIT>

A:The festival is tomorrow.

B:I can’t wait.

A:お祭りは明日ね。

B:待ち遠しいよ。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-03-22 7:55 PM / 英語の定番表現

It’s my turn. 私の番です。

順番待ちをしていて、自分に順番が回って来たことを皆に知らせる表現です。「次が私の番だ」という意味で、I go next. / I’m the next one. とも言うことができます。

 

<SKIT>

A:I’ll pay tonight.

B:No, tonight it’s my turn.

A:今夜は私が払うわ。

B:いや、今夜は僕の番だよ。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-03-08 6:41 PM / 英語の定番表現

And one more thing. それからもうひとつ。

話の締めくくりに付け足すことがあるときに使う表現です。「そうそう、まだあるんだ」と、それまでの話の内容と違ったことを言うときも使われることがあります。And that’s not all. / And there is something else. とも言います。

 

<SKIT>

A:You shouldn’t carry too much cash.

B:OK.

A:And one more thing. Don’t drink the water.

A:現金をたくさん持ち歩いちゃだめよ。

B:わかった。

A:それからもうひとつ。生水は飲まないでね。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2021-01-18 4:45 PM / 英語の定番表現

It depends. 場合によりけりかな。

何かを聞かれても、その答えの決め手となる要素がはっきりしていない場合の答え方です。ほかにも、「まだわからないよ」という言い方は、There’s more than one possibility. / It’s not as simple as that. / Things can change. / We’ll have to see. など、いろいろあります。

 

<SKIT>

A:What’s the best place to ski?

B:It depends. How good are you?

A:スキーを滑るのに一番いい場所はどこ?

B:場合によりけりだね。どれぐらい上手なの?

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より転載

by Shinobu / 2020-12-21 3:22 PM / 英語の定番表現

Definitely. 絶対に。

何かを断固として強く肯定したり、断定したいときのひとことです。ほかには、Absolutely. / For sure. / Without a doubt. なども同じように使います。また、not をつけた Definitely not. は、逆に強く否定したいときのフレーズになります。

 

<SKIT>
A:You have to try the wine in France.
B:I will. Definitely.
A:フランスではワインを飲まなきゃね。
B:そうするよ。絶対に。

 

使える英会話鉄板表現 160』(コスモピア株式会社、浦島久著/2016年)より

by Shinobu / 2020-11-25 3:04 PM / 英語の定番表現

社会人コース

アーカイブ

検索

JOYへのお問い合わせ
電話番号

受付時間/平日10:30~12:00、
14:00~21:00

お問い合わせはこちら

帯広市の英語学校・英会話教室 ジョイ・イングリッシュ・アカデミー

〒080-0027
北海道帯広市西17条南5丁目11−14
TEL:0155-33-0198 FAX:0155-36-7930

個人情報保護方針English Site (Employment)

Copyright © 2010-2021 JOY ENGLISH ACADEMY. All Rights Reserved.